緊急避妊薬としてアイピルは日本のみならず世界中で使用されているいやくひんアフターピルです。望まない妊娠をしないためにアイピルの常備をしといたほうが良いと思います。そんなアイピルについて紹介いたします。

アイピルの保管方法

黄色のカプセル

アイピルの保管方法としましては高温多湿をさける必要がありますので、保管は出来るだけ涼しい場所で保管するようにします。
窓の近くに置いて、窓から入り込む直射日光に、アフターピルがしっかりとあたってしまうような場所では、保管は向いていません。
また小さい子供がいる家であれば、幼児がすぐに手の届くような場所には、アフターピルをおいてはいけないです。
子供もすぐにいたずらをしますが、家の中で動物を飼っている家庭も注意が必要です。
犬や猫を家の中で飼っているのであれば、ペットがうっかり医薬品のパッケージを感じ、医薬品を飲み込まないように保管をしないとなりません。
人間が飲んでもアフターピルは、かなりきつい副作用を乗っている医薬品です。
それを身体の小さい動物が、うっかりでも体内に入れてしまっては、後からどうなるかもわからないので、いたずらをしないためにも、むきだしてペットが近寄れる場所にはお行かないことです。
アフターピルのアイピルというのは、あくまでも本当に困ったときの緊急時にだけ、必要に応じた服用をする医薬品です。
そのため、いつもすぐに手の届く机の上だとか、テレビの前などに、わざわざオープンにして置いておく必要などはない医薬品です。
テーブルの上にむきだして保管をしたり、人が多く集まるリビングに、無造作に置いておくなどということは、しないほうがいいでしょう。
多くの人が集まる場所に何も考えないで置いておくと、誤って掃除で破棄されたり、なくしてしまったりするなど、思わぬハプニングもあるかもしれません。
ですからアイピルは、引き出しなどにしまっておいて、本当に緊急時のみとりだしてきて、医薬品の服用をすることです。