緊急避妊薬としてアイピルは日本のみならず世界中で使用されているいやくひんアフターピルです。望まない妊娠をしないためにアイピルの常備をしといたほうが良いと思います。そんなアイピルについて紹介いたします。

  • ホーム
  • アイピルとAリポ酸と鎮痛剤について

アイピルとAリポ酸と鎮痛剤について

アイピルはぬるま湯か水で飲むようにして、時間としては72時間以内に飲むようにします。
アフターピルであるアイピルは、かなり時間との戦いにもなってきますので、処方を受けたら直ぐに、医薬品を水とともに飲むことです。
鎮痛剤は頭痛などの痛みを抑えてくれますが、気になる副作用としては、胃腸障害です。
これは飲み方次第のところがあるので、まずはお腹がすいているところに、鎮痛剤のお薬を放り込まないことです。
空腹だと胃に負担がかかるので、食事を食べてから服用をします。
でも頭痛の時には食べる気も起きないでしょうから、簡単なビスケットに水分で少しでもお腹を落ち着かせてから、お薬を飲んだほうがましです。
鎮痛剤は一時的に痛みを、医薬品の成分で抑えるものなので、長期的な服用をするには向いていません。
胃の粘膜への刺激となり、胃がむかついたり、痛みが出てくるなど、つらい症状にならないためにも、飲み方には気をつけましょう。
ドラッグストアなどで市販されている鎮痛剤は、すぐに購入できるので簡単に飲むことができます。
ですがもし、頭痛などの痛みが長期的なものであったら、それは病院へ行く必要も出てきます。
人間の体はなにか不調を感じると、それを知らせるために、頭痛などのいたみ等で、サインを出していきます。
本のいっときのことならば、よく睡眠をとるとか、野菜を食べるなど、簡単なことで改善できますが、そうではない時もあるので、必要なら病院を受診することです。
Aリポ酸はダイエットのためにも役立つので、サプリメントなどでの、手軽な摂取もできます。
Aリポ酸のサプリメントを飲んだら、直ぐに体重が減るということではないですが、脂肪燃焼作用は良いので、内臓脂肪を減らしていくにも仕事をしてくれます。